ホーム   蘭州ツアー    シルクロードツアー    青海ツアー   西安ツアー   新疆ツアー チベットツアー  
宝鶏市旅行観光ガイド
   

中国,陝西省南西部の市。関中盆地の西端,渭河河畔にある。秦代に陳倉県がおかれ,唐代に宝鶏県となった。古来,抗争の場,交易の中心であり,東は西安,西は甘粛,南は大散関をへて漢中,四川に通じる交通の要所を占める。水利灌漑工事が早くから発達,昇原渠(しようげんきよ)は,7世紀,唐代に,渭河の水を東方の六門堰まで引いたものである。近年,機械,製粉などの工業が発展,〈西鳳(せいほう)酒〉を特産する。宝鶏市は陝西省、甘粛省、寧夏回族自治区、四川省が接する地点、省都の西安、蘭州、成都、銀川の中心に位置する、新ユーラシア?ランドブリッジ上の重要な中枢都市である。総面積は1万8175平方キロメートル、人口は372万人に達する。

宝鶏市は中国の始祖とされる炎帝が誕生した地であり、周(紀元前1046-256年)、秦(紀元前221-206年)王朝の発祥地である。同市には仏骨舎利が出土したことで有名な法門寺があり、盛唐の時代に皇室の寺院、世界仏教文化の中心となった。太白山国家森林公園、嘉陵江の源、関山草原などの独特な自然景観も、同市の豊富な観光資源である。宝鶏市には豊富な文化財があり、うち青銅器が最多である。現在も毛公鼎や大盂鼎など5万点余りの青銅器が出土しており、「青銅器の里」と称されている。

宝鶏市(ほうけい-し)は中華人民共和国陝西省に位置する地級市。陝西省の西部に位置し、咸陽市、西安市、漢中市、天水市、平涼市に接する。この地は周王朝および秦の発祥の地であり、周原をはじめ多くの遺跡が残るほか、立派な青銅器が多数出土している。紀元前762年(秦文公四年)に陳倉城が建てられる。前206年、秦の武将章邯は、陳倉で劉邦配下の韓信に敗北する。韓信の策は「明修桟道、暗渡陳倉」の成句となり、陳倉は現在の宝鶏を示す。有名な大散関も、現在の宝鶏にある。228年 三国時代の魏の郝昭が寡兵で陳倉城に籠城し蜀漢の諸葛亮を撃退した。757年(至徳2年)、陳倉山(現在の鶏峰山)の石鶏が鳴いたことより宝鶏に改称された。

この地域は三方を山地に囲まれ、前面に渭河平原を臨み、西には西域(せいいき)に至る隴関(ろうかん)、南には四川(しせん)に至る大散(だいさん)関を控え、関中の死命を制する要地であった。そのため周、秦(しん)、三国の蜀(しょく)など西方から関中に進出しようとする勢力の根拠地でもあった。その中心は鳳翔で、秦に雍(よう)県が置かれて京畿(けいき)である内史に属し、漢には右扶風、その後、扶風郡、岐州と変わり、唐になって鳳翔府となった。現在市の中心である宝鶏には秦漢以来、陳倉県が置かれ鳳翔に属してきた。宝鶏と改名されたのは唐代である。隴海(ろうかい)鉄道が建設されてからは、路線から離れた鳳翔より沿線の宝鶏が発達し、1956年に宝成鉄道(宝鶏―成都)も完成すると、陝西、甘粛(かんしゅく)、四川を結ぶ交通、流通の中心になった。それとともに工業も発達し、機械、鉄鋼、紡績、食品など西安(せいあん)に次ぐ省第二の工業都市に発展している。

宝成(宝鶏ー成都)隴海(連雲港ー蘭州)鉄路と川陝公路の交点で,1996年西宝(西安?宝鶏)高速道路が開通した。宝鶏駅は中華人民共和国陝西省宝鶏市渭浜区経二路中段北20号にある中国鉄路総公司(CR)西安鉄路局が管轄する駅である。中国で44個の主要な駅の一つである。宝鶏市は陝西省の西部、秦嶺山脈の北、渭水左岸に位置し、渭水盆地西端の都市で、南、北、西の三面が山に囲まれる。宝鶏は隴海鉄道、宝成鉄道と宝中鉄道の交差点で、また各地への高速道路もここにつながり、交通的に非常に便利である。宝鶏は悠久な歴史と豊富な自然資源を持ち、観光業は主産業の一つである。地方特色のあるお土産と地方料理も種類が多く、木版年画、切り紙細工、草編み、民間刺繍、「岐山臊子面」などが代表的物である。

 

 



 


=======================================================================================
宝鶏旅行観光ガイド
宝鶏観光地図
宝鶏名物
宝鶏交通情報
宝鶏ホテル予約
宝鶏現地発ツアー

宝鶏観光スポット
陝西青銅器博物館 | 法門寺 | 太白山 | 紅河谷森林公園 | 姜子牙釣魚台 | 関山草原 | 中華礼楽城 | 经一路步行街
五丈原諸葛亮廟| 炎帝陵| 周公廟| 石鼓山| 金台観 | 大散関
=======================================================================================