ホーム   蘭州ツアー    シルクロードツアー    青海ツアー   西安ツアー   新疆ツアー チベットツアー  
漢中旅行観光ガイド
   

陝西省の南端、四川省と甘粛省と接する漢中市は陝西省の南西部に位置します。北には秦嶺、南には巴山があり、中部は美しく肥沃な漢中盆地。総面積は2万7246平方キロメートル、人口は378万人に達します。漢中市は中国の歴史ある文化的な都市で、漢と三国の時代の文化が色濃く残る。中国の歴史上最も伝奇に富む時代を見守った同市は、漢(紀元前206-後220年)の発祥地である。三国(220-280年)時代、漢中は魏蜀の兵馬が相まみえた主戦場となりました。

漢中市には漢や三国志に関する興味深い物語があるほかに、独特の美しい自然があり、西北地区で初めてユネスコより “世界人与自然生物圏” を授与された。また中国初の野外ジャイアントパンダ繁殖研究拠点の仏坪自然保護区、四大国宝と称されるトキ、ジャイアントパンダ、ゴールデンモンキー(キンシコウ)、ターキンが生息する長青自然保護区、水上庭園の南湖風景区などがあり、風光明媚の地です。

北は秦嶺山脈、南は巴山、その中に長江の支流である漢江が東西に流れ漢中盆地を形成していて、水も豊かで【西北の小江南】とも言われています。 西安より秦嶺山脈を超え漢中にたどり着くと、そこは既に荒涼とした茶褐色の景色では無く、緑豊かな四川省の風景に似ていることに気づくかと思います。 緑豊かな漢中の原始林の中にはパンダ、トキ、キンシコウなどの希少動物も生息していることで知られています。

漢中は三国時代に劉備の支配圏となり、劉備の死後は、丞相諸葛亮が漢中に駐屯し、北伐の拠点をとして、7度出発したことなどから、現在でも三国時代の遺跡は多いです。そんな漢中は三国時代に劉備の支配圏となり、劉備の死後は、丞相諸葛亮が漢中に駐屯し、北伐の拠点としていたことなどから、現在でも三国時代の見所の多い場所として知られています。

漢中というと中国でも何省にあるのか、ピンとこない方もいるかもしれません。しかし、三国時代の遺跡が残るなど歴史好きには、ピッタリな観光スポットといえるでしょう。また、漢中の名物グルメといえば、熱米皮(ルーミーピー)!お米で作った生地をラー油で味付けしたもので、この地域を観光するなら、食べないなんてもったいないですよ。胃袋でも漢中の観光を楽しみましょう。

 

 



=======================================================================================
漢中旅行ガイド
漢中観光地図
漢中名物
漢中交通情報
漢中ホテル予約
漢中現地発ツアー
漢中観光スポット
武侯祠 | 定軍山 | 漢中博物館 | 張騫博物館 | 漢中菜の花 | 青木川古鎮 | 仏坪パンダ自然保護区 | 石門風景区 |
虎頭橋 | 拝将台
========================================================================================