ホーム   蘭州ツアー    シルクロードツアー    青海ツアー   西安ツアー   新疆ツアー チベットツアー  
白馬寺観光案内
   

白馬寺は、市街から東へ12キロほどの所に位置する、後漢時代の68年に創建された中国最古の仏教寺院です。中国最古の仏教寺院なので、「中国第一古刹」と呼ばれ、中外の仏教界に中国仏教の「祖庭」だと認められています。山門の前には白馬の像が立ち、門をくぐるとインドの僧侶の墓があります。現在境内には、天王殿、大仏殿、大雄殿といった伝統的な四合院形式による建築物がたたずみ、歴史を感じさせます。

白馬寺は、後漢永平11年(公元68年)に創建されて、約2000年の歴史を持っています。寺の名の由来には諸説があり、『魏書』によると、後漢永平7年、漢明帝:劉庄は、頭が光り輝く金の人の夢を見たため、仏教の教義を求めるために、使者を西域に派遣しました。公元67年、漢使がインドから二人の高僧と白馬に経文、仏像などを積み、この地にやって来て仏教を伝えた事が由来です。漢明帝は、二人の高僧をとても尊敬し自分で仕えました。公元68年、漢明帝は洛陽雍門以外に僧院を建てることを命令しました。白馬が経文を載せる苦労を銘記するために、その僧院は「白馬寺」と名付けられました。

元の古い建築の面影もわずかで、現存する建築の多くは明清代に再建されたものです。寺の総面積は約6万平方メートルあり、北に立地して南に向き、境内は長方形です。重要な建築は天王殿、大仏殿、接引殿、毗卢閣、斎雲塔、清涼台、鐘鼓楼などがあり、南北の中軸線に配列しています。錯雑ですが、キチンと飾りつけてあります。神殿の整然と並んでいる塑像は多種多様で、生きているようです。元代から現在までの700年間に一度も修繕されませんでしたが、鮮やかで新品のようで、国内の非常に珍しい芸術品と白馬寺の一番貴重な宝物だと認められています。

白馬寺は創建された時の「天竺旧式」ではありませんが、住所が変わらず、後漢時代の台も井も未だに探すことができます。寺はバランスよく構成され、素朴で優雅に古風を保っています。園内にはパゴダも楼閣も立ち並び、大木が高く聳えて、荘厳で静寂です。