ホーム   蘭州ツアー    シルクロードツアー    青海ツアー   西安ツアー   新疆ツアー チベットツアー  
延安黄河壷口瀑布観光案内
   

延安近く山西省との境宣川県にある中国第二の規模を誇る瀑布で黄河の心臓?とも称される。 直前まで川幅400m有った黄河は一気に川幅30Mまで縮まり、押し寄せる水は大迫力である。壺口瀑布は中華民族の母なる河と呼ばれる黄河中流、秦晋峡谷の中に位置し、貴州省黄果樹瀑布に次ぐ中国第2の滝である。壺口瀑布の両岸には高い山がそびえ、黄河の300メートル余りの川幅が山に挟まれ50メートル余りになる。広々とした黄河の水が凝縮され、馬蹄型の滝を形成する。壺口瀑布は30メートル以上の落差から一気に下り、10メートル以上の水しぶきを作る。その音はまるで巨大な壺を傾けたかのようで、まさに壮観である。これもまた壺口瀑布の名前の由来である。

壷口瀑布は西安から約400キロ陝西省の宣川県にある。陝西省と山西省の間の晋峡渓谷を切り開き黄土高原の黄色い土砂を巻き込んで南下して行く。黄河はこの地から大量の黄土が流れ込み黄土色になる。正に黄色い黄河の本格的な誕生である。瀑布は700キロもある晋峡渓谷の2/3を下ったところにあり、黄河は源流から約3850km全長5464kmの2/3強を既に流れてきている。滝の入口が茶壷、滝の深い溝も、壷の形に似ているから壷口と名前が付けられたが、まさに黄河の喉仏であろう。河幅約400mの黄河の流れは、われ先に壷口に押し寄せ、幅30m位の滝壷に怒涛の勢いで落ちて行く。断崖は約150m、滝の高さは30m位だが凄まじい水量で一瞬に落下した黄土の濁流は、物凄い飛沫と轟音をとどろかせている。この轟音は5キロ先からも聞こえると云われるほどスケールが大きい。

瀑布の流水量は毎秒700立方メートル。増水時には大量の水で瀑布は没して見えなくなるという。滝の溝の河幅は約30m、深さ40mで駆け下りた水は弾丸列車の如く先を急ぐ。凄い迫力である。上流から流れの都合で壷口から下れなかった黄爆も途中から側爆激流となって駆け下りる。

交通:宜川県と延安市から壺口行きの旅行バスに乗車。西安市から出発する場合、西安城東客運ステーションから宜川県に直接向かうこともできる。